ジャパンカップ(G1)

2021年11月30日

東京12R
ジャパンカップ(G1)
芝2400m

軸馬:オーソリティ
騎手:C・ルメール
厩舎:木村哲也
外厩:ノーザンファーム天栄(前走)
注目:☆☆☆

前走ノーザンファーム天栄仕上げの木村哲厩舎オーソリティを狙ってみたい一戦だ。前走のアルゼンチン共和国杯では骨折休養明けに加えてトップハンデではあったが好位から楽々抜け出して後続に3馬身近い着差をつけて圧勝!騎乗したルメールも「早々に勝利を確信した。昨年よりも強くなっている。」と大絶賛していたそうだからな!

当初はジャパンカップを使う予定ではなかったそうだがあまりにもデキが良いという事で急遽参戦を決定!ルメールも他に騎乗馬がいたみたいだがそれを断ってオーソリティに騎乗するし、春までは接着装具だった爪も今では直接固定してその効果もあり強い負荷を何度もかける事ができている。これはノーザンファーム天栄の努力の賜物だろう。関係者の温度も良い。ここはオーソリティの勝ち負けが濃厚過ぎる一戦だろう!

対抗はコントレイル。今回が引退レースだがこの後の種牡馬価値を高めるためにもここは恥ずかしい競馬はできない一戦!最終追切も破格の動きを見せていて福永がヘマしない限りは好走可能だろう。後はしがらき仕上げのシャフリヤール、アリストテレス。大穴でしがらき仕上げのシャドウディーヴァ、天皇賞4着のサンレイポケット。

【 推奨買い目 】

三連複
2-4-7
1点×10,000円

2-7-9
1点×5,000円

2-7-11.12
2点×2,000円

合計:19,000円

払戻金:51,000円

外厩情報

Posted by admin