共同通信杯(G3)

2021年2月15日

東京11R
共同通信杯(G3)
芝1800m

軸馬:エフフォーリア
騎手:横山武史
厩舎:鹿戸雄一
外厩:ノーザンファーム天栄
注目:☆☆☆

ノーザンファーム天栄仕上げの鹿戸徹厩舎エフフォーリアを狙ってみたい一戦だ。デビュー前から鞍上の横山武史が「今まで乗った馬の中で一番かもしれない。こういう馬がG1を勝つんですね。」と超ベタ褒めしていた馬だ。デビュー戦を難なく勝ち上がり、前走の百日草特別でも好位から上がり最速の伸び脚を見せて後続に2馬身近い着差をつけて勝ち切る強い競馬を見せている。

前走後はノーザンファーム天栄に調整に出してココ目標に乗り込んできたし、中間の気配も上々だ。陣営も「オーナーサイドからルメールの打診が来ている程。走りますよこの馬は。でもできれば武史君に乗り続けて貰いたい。その為にも本人に結果を出さないとねとは伝えている。仕上がり?勿論良いですよ。」と好気配のコメントも聞いているからな。ここはエフフォーリアが人馬一体の走りを見せてくれるだろう。

対抗にはノーザンファームしがらき仕上げのステラヴェローチェを推奨したい。前走はマークする相手を間違えたがそれでも上がり最速で2着に食い込んでいる様に高い競争能力を示した一戦だったと言えるだろう。息子の前で恥ずかしい競馬はできない。上位には外厩仕上げのキングストンボーイ、レフトゥバーズ、ヴィクティファルス、シャフリヤール。

【 推奨買い目 】

馬連
7-3
1点×10,000円

7-2.8.9.11
4点×2,000円

合計:18,000円

払戻金:162,400円

外厩情報

Posted by admin