東京新聞杯(G3)

2021年2月8日

東京11R
東京新聞杯(G3)
芝1600m

軸馬:カテドラル
騎手:田辺裕信
厩舎:池添学
外厩:ノーザンファームしがらき
注目:☆☆☆

ノーザンファームしがらき仕上げの池添学厩舎カテドラルを狙ってみたい一戦だ。3歳時のNHKマイルCでは上がり2位の脚を繰り出してアドマイヤマーズと0.1秒差、グランアレグリアに先着する3着を確保している。19年の富士Sでもノームコアと僅差の5着、マイルCSでもダノンキングリーと0.1秒差の競馬を演じるなどポテンシャルの高い馬だ。

3走前の朱鷺Sを快勝後馬券圏外が続いているがスワンSでは先週シルクロードSを勝ったシヴァージ、アドマイヤマーズとと0.1秒差だからな。2番人気の支持を集めた前走はルメールが持ち味を殺す先行策をしてしまい伸びなかっただけだからな。前走後はノーザンファームしがらきで調整されてココ目標に文句ナシの仕上がりにあるし、この枠なら脚を溜めて前が空けば一気に突き抜けられると思う。負けるときは惨敗もある馬だがここまで人気がないのは流石におかしいと思うがな。

上位にはノーザンファームしがらき仕上げのシャドウディーヴァ。ルメールに鞍上強化してきたトリプルエース。穴で前走好時計で快勝して中間の動きも良いカラテ。東京巧者ダイワキャグニー。ヴァンドギャルドは中間の稽古量が少ないんだよな…ここは押さえまでに。

【 推奨買い目 】

馬連
4-1.10.11.12
4点×1,000円

三連複フォーメーション
1頭目4
2頭目1.10.11.12
3頭目1.2.3.6.9.10.11.12.13.14
30点×500円

合計:19,000円

払戻金:495,200円

外厩情報

Posted by admin