京成杯(G3)

2021年1月18日

中山11R
京成杯(G3)
芝2000m

軸馬:グラティアス
騎手:C・ルメール
厩舎:加藤征弘
外厩:ノーザンファーム天栄
注目:☆☆☆

ノーザンファーム天栄仕上げの加藤征厩舎グラティアスを狙ってみたい一戦だ。加藤征厩舎は古株読者はお馴染み旧天栄四天王だ。今は管理馬の質が下がって四天王とまでは言えなくなってしまったがそれでも天栄成績は上位だ。グラティアスは姉がレシステンシアという良血馬でセレクトセールで2億5千万で取引された関係者の期待馬で、前走のデビュー戦では後続に2馬身近い着差をつけて快勝する強い競馬を見せている。

そのデビュー戦でもルメールが「遊びながら走っていたしまだまだ強くなりそう。」と高い評価をしていたからな。前走後はノーザンファーム天栄で調整された効果もあって中間の動きも前走とは比べ物にならない程良くなっているし、加藤征調教師も「今年はこの馬でダービーに行きたい。この相手なら絶対に負けないと思う。」と相変わらず超吹いていたからな。加藤征調教師の話は話半分だったとしても流石にこの相手なら負けないんじゃないか。

上位にはノーザンファーム天栄仕上げの四天王木村哲厩舎ヴァイスメテオール。ノーザンファームしがらき仕上げのテンバガー、ディクテイターの3頭を推奨。三連単1着固定で勝負していきたい。

【 推奨買い目 】

三連単フォーメーション
1着3
2着5.6.12
3着1.2.5.6.10.12
15点×1,000円

1着3
2着1.2.10
3着5.6.12
9点×500円

合計:19,500円

払戻金:58,750円

外厩情報

Posted by admin